現役小児科医ママがおすすめする、親子でHappyな育児法!

小児科医ママかつNICUonline管理者の育児、診療日記です

子どもの事

引き算がわからない子供に、どうやって教えたら効果的なのか考えた

学校のお勉強でつまづくいたときに 親の出番があるなんて想定外で 学校のお勉強でわからないことは、 もちろん先生に聞いて、学校で解決するもんだと思っていた。 今までの人生で、 色々な人にものを教える場面に出会ったけど 後輩に仕事を教えるとき、 友達…

副校長先生と、副神様

娘が突然 『学校には校長先生がいて、二番目に偉い人は副校長先生でしょ? じゃあ、 神様にも、副神様っていないのかな?』 と言い出した。 なんとも 素敵な発想だと思う。 副校長先生、昔は教頭先生って言ったかなぁ。 まあ、確かに、二番目に偉い人って小…

子供の頃の夢、大きくなったら何になりたい?大人になって社会に出たからこそ、やりたいことが見えてくる

成人の日のニュースの中で 若者の将来の夢の特集をしていた。 私は小児科医だから、3〜10歳の子に外来で時々 『大きくなったら何になるの?』 なんて聞いてみることがある。 7歳の我が娘は『ドーナツ屋さんになるの、ママ、買いに来てね。』 と答えていた。 …

娘が池に落ちた真冬の日。

土日、近所で遊んでいた我が娘と息子 まだ小さい方の息子ならともかく まさかの小学生の娘が池に落ちた。 小さい頃からよく遊んでたはずの池で 活発だから、いつ落ちてもおかしくなかった娘 それでも落ちずに小学生になったのに なぜ、今? なぜ、真冬に? …

お母さんって、夜中も大変。子供の歯ぎしり、それって心配いらないんだけど、兄弟そろってすごい音

下の子の歯ぎしりが始まった。 我が家に赤ちゃんが来てから かれこれ7年半 私の生活は一転。 母親って大変だなぁと日々思わないことはない。 この7年半、なんだか本当にまともに寝た気がしない。 妊娠中は夜中に何度もトイレに行きたくなったり、足がつった…

学級閉鎖に怯える日々 インフルエンザにならなくても学校休みって?

寒くなってインフルエンザが流行り始めた 保育園時代は自分の子供がいつインフルエンザにかかるかを心配していたけれど 小学校となると少し違うことがわかった 学校ではインフルエンザが流行すると、 学級閉鎖ということになるらしい。 クラスで10人欠席が出…

子供に家事のお手伝いをさせること、教育と電化製品を考える、災害の時に自ら行動できる子供に育てること

問題です。 『お掃除は誰の仕事でしょう?』 お母さん? ルンバとかのお掃除ロボット? ダスキンなどの家事代行業者? 小児科外来で子育て相談なんかをしていると 家事と育児に追い詰められている忙しいお母さんたちをよく見かけます。 そんなお母さんたちに…

砂場で遊ぶのは汚いの?メリットは?子供や赤ちゃんが砂場で安心して遊ぶために、小児科医目線で衛生を考える。

近所の公園の水道で、砂遊びの後に手洗いしている父親と子供を見ました。 持参のハンドソープで2度洗いして、その後、持参のアルコール消毒剤で手指の消毒。 ちょっとそれは、極端な例だとは思いますが、 公園の砂場には汚いイメージがあるママも多いですよ…

息子の衝撃的事実!僕は女の子だと思っていたんだ。

比較的、男らしい性格の3歳息子。 もちろん、戦いごっこやサッカーが大好きで、 毎日なんとかレンジャーになりきって、バンバン戦っている。 のに なんと、衝撃的事実が判明。 僕は女の子だと まさか本当に思っていたようで。 トイレでおしっこをした息子が…

子供の発熱時に現役小児科医ママが実際に行った有効な方法について。

子供の発熱は、ママも子供もそれはもう大変で でも、本当に必要なことはとても少ないから、 色々な情報にあれこれ悩んで欲しくなくて どうしたらいいのかを短的にまとめてみようと思う。 我が子は二人とも幸いにも熱を出す回数は少ない体質だった。 けど 『…

学校給食を残すこと、小児科医の視点から

食べ物の好き嫌いのために、給食が嫌いだった自分の子供時代と おしゃべりに夢中で時間内に食べきれない娘を見て 改めて、現代の給食の意味について考えて見た 給食とは、学校のお昼ご飯で 私論では大きく3つの意味があると思う ①、栄養を摂取する ②、集団…

ママの私の具合悪い時、子供のお世話はどうするかの話

私は小児科医なので、子供の具合が悪いことについての、どうしたらいいのかな?の専門家なんだけど ママの私だって具合が悪くなることだってある。 例えば大人は大人の病院、内科とかに受診するんだけど、大人の体のことしか教えてくれないから ママの背後に…

学校給食を残すこと、今と昔

私は好き嫌いが多くて 残してはいけない小学校の給食が大嫌いだった 一昔前の教育方針では 学校給食は残してはいけなくて それがとっても辛かった記憶がある 娘は今、小学校で給食が食べきれないらしい。 保育園っ子で育った娘は、 物心つく前からお友達と一…

朝ごはんの呪縛

朝ご飯は大事。 朝ご飯をちゃんと食べると健康に良い。 それはそう、 わかってはいるんだけど、 朝ごはんのメニューがママを苦しめることだってあるんです。 早寝、早起き、朝ごはんとか 程度の啓蒙ならいいとして。 朝ご飯をキチンと食べると頭の良い子にな…

子どもが水たまりに入りたがる理由

普通の子供は水たまりが好きだと思う。 靴やズボンの裾が濡れてもお構いなし。 わざとバチャバチャやって、楽しそうにする。 時には、さしていた傘も投げ出して、全身ずぶ濡れになったり。 普通のママだったら 水たまりに突っ込んでいく子どもを止めるだろう…

子供が蚊に刺されると腫れるということ

もう、秋の気配を感じるのに 昨日の保育園帰りの公園には まだまだたくさんの蚊がいて 息子はおでこの真ん中を見事にヤられ、 蚊に腫れやすい息子は 見事におでこが腫れ上がっていた。 そういえば、上の子も赤ちゃんの頃初めて蚊に刺された跡が それはもうひ…

耳の中の石たち、その後

娘に、車酔いのメカニズムの説明をして 耳の中の石がザーッと動くと 体が傾いているとか、揺れているとか感じるんだよと 教えたら 『本当に石があるの? ママ、また適当なこと言ってるんじゃないの? だって、カラカラって転がる音しないもん』 と返ってきた…

小学1年生の洗礼

小学一年生の娘が ただいまーと玄関を開ける音がして 初めて数人のお友達を連れて帰ってきた。 母としては初めての出来事に『ギョエ!』とした、、、 嘘でしょ!!! 今日は人が来る予定ではないし 家の中は朝ごはんのお皿もそのまま、 遅刻ギリギリで出勤し…

私は小児科医だから、車酔いした娘に、そのメカニズムを説明してあげよう。

私は小さい頃、車酔いがひどく、いつも車やバスのお出かけが憂鬱だった。 そうだ。 娘にこれを説明してあげよう。 耳の中の奥の方の前庭っていう場所にはね、 小さな小さな耳石という小石がたくさんある場所があって 体が揺れると その石たちが、ザーッ、ザ…

我が子は可愛くて優秀だと思っているけど、でもやっぱり凡人だとも思う

イヤイヤ期真っ只中の2歳。 赤ちゃんと子供の中間点にいるようで、世話が焼ける。 ある日、保育園にお迎えに行くと担任の先生が 『お母さん、お時間あります?ちょっと見てくださいと。』 そして我が息子に向かって、 『はい、やるよー』 とおもむろに国旗…

暴風警報発令時は学校休みってさ、なにそれ?

台風が直撃していて 被害にあったりするニュースを見ると とても怖いんだけど 日常も変わりなくやってきて 台風が来ても 病院の仕事は休みにならないし 台風が来たからと言って 子供が具合が悪くなることもお休みになるわけではなく 一定数の具合の悪い子は…

夏休みの自由研究って何?小学一年生版

自由研究って何だろう? 学校から詳しい説明もないまま 一年生の初めての夏休みに突入した。 親にとっては自分が小学生の頃の夏休みの自由研究を思い出して 四苦八苦する課題の一つになる 『ママぁ、自由研究って何?』 と娘に聞かれても、 こっちが聞きたい…

2歳のイヤイヤの当たり前のこと

イヤイヤ期真っ盛りのウチの2歳男児 昨日も今日も、些細なことで自我を通そうと ギャーっと泣き喚いていた。 『イヤイヤ期』なんて言葉、上の子が2歳になるまで知らなかったな と思う。 典型的なのは、スーパーのお菓子売り場で、これ買って〜とひっくり返っ…

夏休みのアサガオ問題、小学校1年生

公立小学校というところは、 かつて自分も通ったとはいえ、 親になってみると、全く新しい環境で、 新しいことに一つ一つ適応してかなければならない。 小学校一年生は朝顔を育てるってのが、ある程度定番らしい。 参観日の土曜にみんなで自分の植木鉢に蒔い…

熱中症と花粉症

毎日暑い。 体温を超える気温の日が続くと 報道は連日、熱中症が、、、的な内容だし。 娘の小学校では、各時間ごと、水分摂取を促す全校放送が入るようだし、 体の異変を感じたら、どうしたらいいかの教育を徹底しているようだ。 息子の保育園では、行政から…

マグの練習はどうしたらいいですか?後篇

乳児健診の際に ストローの練習はいつからしたらいいですか? マグの練習はいつからしたらいいですか? と質問されることがしばしばある 前々回のブログにも書いたように、 練習は必要ないし、それで飲めなくても、その後の人生どってことはない。 小児科医…

花子先生の言葉(匿名)

とある教育研究所の先生と、育児や保育に関して話す機会があった。 『子供はね、お父さんとお母さんの半分ずつを受け継いでいるから、お母さんがお父さんの文句を言うと、まるで自分の半分を責められてるような気分になって、だからとても辛いのよ』 と言う…

ウンチという言葉

小さな子供は おしり〜、おなら〜 とか、 ウンチ〜、オチンチン〜 とか、そういう言葉が好きな時期がある 大人が、そんな汚い言葉使うの辞めなさい!というと、 面白がって所構わず言いまくる 特に男子 ウチの男子 おならブー、という言葉に反応してケラケラ…

おでこのたんこぶ〜小児の頭部外傷

パパと子供が公園で遊んでいて 息子が転んで、たんこぶを作ったらしい あまりのデコの腫れっぷりにビックリして これ、大丈夫?と写メが送られてきた ワォ! これね、よくあるある、 大丈夫、とは完全には言えないんだけど、 まぁ、よくある。 そして、大概…

夢の実現〜運動会のリレーの選手

小学校1年生の春の運動会 娘がリレーの選手代表に選ばれた 飛び抜けて運動神経のいい子に囲まれた保育園時代、 運動面ではトップクラスに躍り出る子ではなかったけど、 運動はいつも学年でビリだった私と違い、 運動会なんて大嫌いだった私とちがい 娘は運動…