ママ女医二人の日記

ママ女医二人が、日々の気づき(医学・子育て・趣味 etc)をアップします

7週5日

赤ちゃんは厳しい状態です。
ってのは、あまりにも曖昧な言葉なので、
クリニックの主治医に
『通常の患者さんなら同じ状況でどうするんですか?』
って聞いて見た
 
通常の患者さんの場合には、
不妊治療の末、苦労して心待ちにしてできた赤ちゃんが上手く育っていないというと、
受け止める方の心の問題もありますから、
厳しいですという言葉をお伝えしつつ、受け止めの時間んを含めて、様子を見ながら1週間後の受診を予約しますと。
 
私のように、自身が医者で、さらに旦那も産婦人科医という専門家夫婦の場合には
医学的ご理解があるでしょうから、科学的なお話をズバッとさせていただいていますと。
 
つまり、この時期にはっきりした心拍が見えず、胎芽のサイズがここまで小さいのは、
流産の可能性が限りなく高く
もう少し妊娠継続したとして、生存して生まれられないくらいの重篤な染色体異常の可能性がとても高く、妊娠継続のためのホルモン剤等は、中止の選択を提示しますと。
あまりにつわりの症状がお辛いようでしたら、人工流産も検討の上ですと。
 
私だから、
そういう話になる。
 
小児科の中でも新生児の専門だから、
よくわかる。
 
医者だから
頭ではわかる。
 
でも
 
母だから、
私だって受け止めには時間を要する。
 
私だから、奇跡が起きない状態だとわかる。
セカンドオピニオンとして、他の先生に診てもらったとして、誰が見たって、状況は変わらないことが分かる。
 
次の日の朝起きたら、
全部嘘だったらいいのに。
 
 
 
こうやって毎日悶々と書くのも、いつまでかなと思う。
 
 
 
 
#心拍見えない #胎芽小さい #不妊治療 #7週  #稽留流産
#流産待ち #妊娠継続 #人工流産
#奇跡は起きる