小児科医ママの育児、子供、診療

小児科医ママかつNICUonline管理者の育児、診療日記です

食べ物で溢れている

母乳を頑張って欲しいのに、簡単に断乳や混合を選ぶお母さんをみると
いつも口の悪いおじさん上司に言われた言葉を思い出す。
 
『クワシオコールで離乳だな』
 
その、口の悪いおじさん上司はパワハラもセクハラ甚だしいけど
私はとても信頼していて、お父さんのように私を見守ってくれていて
世界で一番尊敬できる小児科医の一人だと思っている。
 
その上司は何を言いたかったのか、今だに正確にはわからないけど
おっぱいばっかり飲んで、なかなか食事の進まなかった私の娘に
おっぱい飲んでれば大丈夫と言いたかったんだろうなと思う。
 
クワシオコール:
アフリカのガーナ沿岸部地域で、たんぱく質不足による栄養失調になることをいう。
よく、手足がガリガリのアフリカの子供でお腹だけがポコんと出ている写真
それがこの種の栄養失調で。
    
    
 
言葉の由来は
途上国では兄弟が多いのが当たり前で、
下の子ができると、上の子は離乳させられる。
貧しいアフリカの飢餓地域では、たんぱく質を食事から摂取するのが難しく、このような状態になる。
大きくなってきたら、母乳だけではたんぱく質も不足するはするのだけれど、
その母乳ですらもらえなくなると、栄養失調は深刻になる。
 
日本の現代は
食べ物も物も選択肢も溢れている。
 
子供を預ける時のことを考えて、と気軽に哺乳瓶でミルクをあげられるし
離乳食だって、好きなようになんでもあげられる。
(食物アレルギーとかその手の別の問題はあるけれど)
 
赤ちゃんの最善の栄養が母乳だとわかっていて
母乳をあげようと思えばあげられるのに、
そして母乳が十分に出ているのに
 
断乳を選ぶお母さんを見ると、
それはそれで否定しないけれど、
母乳推進の私は
少し切ない気持ちになる。
 
 
#母乳 #母乳が出るのに断乳 #クワシオコール #kwashiorkor
#栄養失調 #ガーナ #たんぱく質不足