ママ女医二人の日記

ママ女医二人が、日々の気づき(医学・子育て・趣味 etc)をアップします

病院のかかり方、診たい患者さんと診たくない患者さん

患者さんも医者も人間なので
ある程度相性がある。

その中でも、
その受診の仕方じゃ、こっちだって診たくなくなるよ〜って方が時々いる

先日来院した原因不明の発達障害の5歳
児の日常生活がうまくいくように、療育センターの手配、保健師訪問のなど、
手配をしたところだけど

療育は嫌だと涙されていたお母様がいた

よくよく話を聞くと、
療育の担当者はチャラいから信頼できない
と外見から受け入れられない様子で、
療育の児童精神の先生には、
自分の子供のできないところばかり強調されて、
ひどい言い方をされたとのこと

うーん。

私はよくよく話を聞いた。
よくよく話を聞いたんだ。
でも
お母さん、
正直、あー言えばこー言うタイプ。
こちらが良かれと思って提案する内容に
ハナっから、受け付けないのか
そりゃまぁ、こちらを責めるような文句が多い。

こっちだって、
そんな言い方されたら、
一生懸命診てあげようという気を削がれるよ。
という気にさせる。

つまり、
我が子に突きつけられた明らかな『障害や遅れ』の事実の需要が
まだできなくて
どこかで否定したい思いが
医療サイドへの反感に変化して
ぶつかってくるんだと思う。

でもさ、お母さん。
それってどうにもできないんだよ。
特効薬のない事実もあるんだよ。

家族や病院、サポートする地域、みんなで乗り越える問題なんだけど。

周りに
助けてあげよう
という気を削ぐような態度だと
前には進まないんだ。

どうやってそれを伝えたらいいのか
私には
まだ分からなくて

話を聞くだけだったんだ。

 

発達障害 #発達障害の需要 #療育センター #人を外見で判断しない

#あー言えばこー言う #話を聞いてあげよう #事実が受け入れられない 

病院のかかり方、どうしたいのか分からない患者さん

うつ病の知り合いから医師として相談を受けた。
というか、文句を聞いた。

今通っている病院で、
あまりウツが良くならないから
他の病院を受診してみようと思って、
とある大きな病院に行ったんだと。

僕は初めてその病院に行ったのに、
長い待ち時間の上で
先生は
対して話も聞かずに
前の病院の薬を出して、いつもの病院に行けというんだよ。

と怒っていた。

よく聞いてみた。
どうやって初診にかかったのか
よく聞いてみた。
それが、先生に伝わったのか。
現在の治療のセカンドオピニオンを求めて受診したのか
または、いつものかかりつけ病院が休みだから今日だけここを受診したのか
今の病院をやめて次から、この病院にかかりたくて受診したのか
何を求めて受診したのか
伝わったか聞いてみた

ただ受診するだけでは思いが伝わらないこともある。

忙しい外来の中で、
初診でポーンと入ってきたであろう私の知り合いは
受診の意向が伝わらなければ、
急ぎとか急変とかでなければ
とりあえずの繋ぎの薬を出すから
次回、いつもの先生にゆっくり診てもらってねってなっても
おかしくはない

どうして自分がここにきたか
何を求めてここにきたか、
言わなきゃ伝わらない。

以上は精神科の患者さんの一例。

私の患者さんたちは
小児だから自分じゃ言えない。
私も子供を育てる親だから
伝えきれない母心は、ある程度想像できるけど
でも
本当に抱えている思いは
しっかり言葉にしないと
伝わらないんだと思って

診療は難しいなと思った。

 

#病院のかかり方 #医者が診たい患者さん #医者が診たくない患者さん

#いつもの病院 #セカンドオピニオン #言葉で言わなきゃ伝わらない

#伝わらないことが当たり前 #精神科 #ウツ #初診 #忙しい外来

#待ち時間

お腹が痛いは=抱っこして

小児科学的には
小児の『痛い』の訴えが正確になるのは5歳以上だと習った。

 

どういうことかっていうと、
5歳未満の子が頭が痛いと言っても、
本当に痛いのはお腹だったり、
お腹痛いと言っても、お腹が具合が悪いわけじゃ無い可能性があるということで
正確に自分の症状を伝えられるようになるのが
5歳以上って意味。

 

このところ、風邪も治ったはずの2歳の息子の抱っこ抱っこ要求が激しく
抱っこ抱っこ言われても、重くて早々ずっとは抱っこできず
泣いてても無理やり歩かせていると
盛んに『お腹痛い』と言うようになった。

 

初めは心配してどこが痛いの?
大丈夫?と優しくしていたけど
どうやら、『お腹痛い』と言えば、ママが心配して抱っこしてくれると
学んだようだ。

 

ものすごい嬉しそうに、ここ、ここが痛いとお腹を指差す。

 

ものすごい嬉しそうに、抱っこのポーズをする。

 

絶対、痛いわけじゃ無い!!!

 

そんなに抱っこして欲しいのか。
重くて腕が折れそう。と思うけど


まぁ、仕方ないのかな。

 

 

 

#2歳 #お腹痛い #小児の痛み #抱っこ #2歳抱っこ #子供の抱っこは重い

#子供の知恵 #子供の嘘 #お腹痛いは抱っこして #抱っこして

#イヤイヤ期

早く終わって(願)年末年始

1月4日。
ようやく年末年始休みも終わり出勤。

職場の女子ロッカーではママさん女医たちが
口々にどんなに年末年始が疲れる日々だったか、皆語り合っていて。
私もいかに疲れたか聞いてもらってホッとする。

 

そう。

 

年末年始ってのは

母役と妻役と嫁役と娘役の4役をこなさなければならない。
最高に疲れる休暇だと思う。

 

義理実家と恒例の温泉。
ってな、一見優雅なお正月だけど
温泉に幼児を二人連れて行くってのは
温泉につかって疲れが取れる以上に、、、疲れる。

 

 

 

#お正月 #温泉 #子連れで温泉 #子連れで温泉は疲れる

#年末年始は疲れる #年末年始も保育園やってて欲しい #母役

#妻役 #嫁役 #娘役

#自分の実家も疲れる

2歳の風邪

鼻水が出るのも、鼻が詰まるのも、咳が出るのも
風邪を引いたせいなのに、
アイツは全部ママのせいだと思っていて、
一日中機嫌が悪く
何をしてもギャーギャーと泣いていた

2歳のイヤイヤと重なって
もはやどうしていいかよくわからない状態で

6歳の姉とママは途方に暮れるしか無い。
途方に暮れて見たところで
風邪が治るわけでもないわけで、

家族全員が
アイツのグズグズに付き合わされて
とにかく疲れた。

そして、
数日ですっかり治ったアイツは
とびっきりの笑顔でママぁと言ってきて

ため息が出る。

6歳の姉は
『泣いてるだけに見えるけど、アイツにはアイツなりに言いたいことがあるんだよ。』
と私をなだめてくれた。

 

 

 

#2歳 #2歳の風邪 #鼻水 #咳 #鼻づまり #2歳の風邪

#イヤイヤ期 #イヤイヤ期の風邪 #小児科ママ 

#小児科のママでも風邪は治せない #風邪 #子供の風邪 #風邪はママのせい 

Google home

6歳の娘がGoogle homeのオッケーグーグル!のCMを見て
これ欲しい!と言っていた。

意味わかってるのかなぁと思っていたが、

 

別のある日、私に『部屋を片付けなさい』と言われると

 

『オッケーグーグル! 部屋を片付けて!』
と言っていた。

 

たいしたセンスだ。

 

ちなみにGoogle homewifi環境の悪いうちにはない。

 

Google homeOK Google #オッケーグーグル #Google homeはなんでもしてくれる #Google home欲しい #Google homeとSiriとの違い #部屋の片付け

10週5日

今日、無事に赤ちゃんは天に召されました。
 
最後の最後までママにしがみついて
結局、なかなか出てこなくて、自然流産ではなく、クリニックでの流産手術になりました。
 
赤ちゃんはみんなママが大好きだから、まだ離れたくなかったのかなと思って、
よく頑張ったねと送り出しました。
 
検体になってホルマリンにつかった我が子は
ふわふわっとした絨毛の中で、胎芽組織はすでにママに吸収されていたようです。
 
家に帰っても、なんとなく麻酔の影響でぼーっとしてましたが、
賑やかな2歳と6歳が帰ってきて
わーわーぎゃーぎゃーと
早速ママの膝の上の取り合いになり、
 
赤ちゃんは
こんなに楽しそうなお姉ちゃんとお兄ちゃんのいるお家なら、
一旦お空に行っても、
ちゃんと元気に生まれてこれるようになってからまた戻って来るねっと
言っているようでした。
 
妊娠生活は今日で一旦終了です。
また戻ってきてね。
 
 
#流産処置 #ソセゴン #ホリゾン #硫アト #10週
#SA  #赤ちゃんはお空に逝った #戻って来る
#流産した子は戻って来る #楽しそうなお家
#妊娠生活は一旦終了